アイダーダックダウン

お布団選びの事で困った事やご質問等、どうぞお気軽に、お問い合わせ下さい。 京都で布団専門店を営んで、数十年、チョッとは知識・知恵も持ち合わせているはずですから…。

■布団は睡眠の大切な道具■

(1) 布団選びの基本の基本

(2) 店長が使っている布団

(3) 掛布団は羽毛が一番

(4) 敷布団選びは難しい

(5) 枕選びがもっと大変

(6) アレルギー対策の布団

(7) 各種布団の打ち直し

(8) いろんな布団のクリーニング

(9) いつもの布団のお手入れ

畳ベッドの敷布団

良いお布団って?

寝具…いったい良いお布団ってどんなお布団なんでしょうか。一般的に掛布団の場合は、@軽くてA暖かくてBムレ感がなくCサイズも自分に合っていて D収納が楽々で E納得ができるお値段で F良いデザインでGそれでいて長持ちして…Hホコリが出なくてI臭くならない?・・・。

布団選びで上の条件を満たすもの

このようなお布団があれば最高です!。もし上の条件を満たしている掛布団があれば、僕も買いに行きます!布団屋の経営者としては「大胆な発言?」そのとおり、大胆ですがもう一度言います。僕もそんなお布団があれば欲しい!

良いお布団の条件

やはりポイントはEの条件です。お値段はいくら高くても良いからというなら話しは別ですが…

予算って大切だと思います

限られたご予算の中で、お客様にとって一番適正な、お布団をご提案する事。ただお値段が安い事は、ユーザーにとっては大歓迎ですが、品質が良くなければ、何にもなりません。価格に見合った、またそれ以上に機能的に優れた寝具をご紹介するのが「眠むの木」の仕事です。

布団のプロとしてのご提案

目次に戻る


いろんな素材がございます

寝具の代表的な素材は、昔からあった、木綿わた・コットン/羽毛・ダウン/羽根・フェザー/羊毛・キャメル等獣毛類/ポリエステル/ウレタンフォーム/木材・リヨセル/その他の石油精製品…等々数多くの材料で、製造されるようになって来ました。

布団選素材のメリットとデメリット

それぞれの寝具素材にはそれぞれの特徴があり、またそれぞれに、長所と短所があるのも事実です。当然ですが自然の恵みである天然繊維にもメリットとデメリットがありますし、新しい科学技術で開発された繊維である新素材にもその事がいえます。

眠むの木では、それぞれに、偏り・こだわることなく、自然の創造物と昔から知恵・知識と、化学の力をそれぞれの特長の部分を上手く融合させる事で、おひとりおひとりに合った適正なお布団をご提案させていただく事を基本にしております。

目次に戻る


ハンガリーマザーグース農場にて

掛け布団として好評の羽毛布団…最高級羽毛布団のページ…上の画像をクリックしてください


眠むの木店長のお布団

1990年の初めから2001年まで、ホワイトグースダウン90%の特大サイズ幅230×長さ240cmというオリジナル品を、使っていました。 (年にもかかわらず二人で寝ています。仲が良いから?...ではなくあくまでもスペースの問題です)。

ゆったり/暖かでグッスリ満足していましたが...羽毛布団の宿命か、ほんの僅かですがダウンファイバー (使用後10年が過ぎダウンの細かいファイバーが少し出てきた状態)が気になりだして、2002年秋からは、キングサイズのデュポン社ダクロンR・ダクロンR・クォロフィル(現:インビスタ社ダクロンR・クォロフィルわた)入りを試しに使用していました。

インビスタのダクロンR・クォロフィルは、全くホコリになりませんでした。実験の保温力テスト等のデータでは、羽毛布団と遜色のない結果が出ています。

実際に 充分温かいのですがやはり羽毛布団の暖かさや快適な感覚には、正直な話ですが届かない所があります。寒さなどは感じず、保温力の「差」としてはあまり感じないのですが、何か違います。「暖かさの質の差」 といえます。

2006年に、ダクロンR・クォロフィルの性能を充分理解し、お客様からのお問い合わせにも完全に、お答えできる体験をしましたので、オリジナルのキングサイズの羽毛布団に変えました。2017年4月時点では、羽毛布団を使用しています。

寝具として実際に使用して判った羽毛布団とダクロン®との「差」羽毛布団は間違いなく軽くて暖かいです。適正な品質の羽毛布団はやっぱり気持ちが良い。ただし水鳥や羊毛・ウールの様な、動物性繊維に対してアレルギー反応をおこされる方や、喘息の方にとっては、あまりお奨め出来る素材ではございません。

アレルギー体質の方の場合、何が一番大切かと言えば、「ホコリにならない」と言う事です。

★羽毛布団や羊毛布団ホコリになるという事ではなく厳密に言えば、基本的に動物性蛋白の繊維で経年劣化で、ホコリになる可能性があるという事です。品質の優れた羽毛布団は、アレルギー症状の要因になりにくい寝具です。

ただ「動物性繊維」である事は事実です。また適正な品質の羽毛布団は、掛寝具として「一番快適」なモノだと「眠むの木」では確信しております。

暖かさ…暖かさの質 保温力テスト等のデータで言えば、高性能ポリエステル「ダクロン®クォロフィル・コンフォレル」は羽毛に匹敵する保温力がある数値を示します。

実際に使用すると、従来のレギュラーポリエステルわた(一般的なこたつ布団等に入れられている中わた)と比較したら、数段の暖かさと、しなやかさを実感します。コストパフォーマンスは高い布団素材ではあります。

ダクロン®わたは暖かいのですが、しかし、適正な品質の羽毛布団の暖かさと比較したら「何かが違う…」自分自身は、その「違い」に気が付いているのですが、HPに掲載する表現に困っていました。その時一緒に眠っている家内の一言がヒントをくれました。

目次に戻る

保温力…その言葉そのものなのです。羽毛布団もダクロン®も、パシーマとの組み合わせは、寒い冬の京都でも気持ち良く眠る事が出来ます。明らかな違いは、一旦お布団から出た後、数分後のお布団自体の暖かさです。

夜中におトイレにたった後、お布団に入り直した後、羽毛布団は、お布団自体がまだまだ暖かく気持ち良く横になれます。その点クォロフィル・コンフォレルのお布団は、あくまでも羽毛布団と比較したら、お布団自体の温度が下がっている感じがあります。

実際に温度計で測った訳ではありませんんが、明らかに違いを感じます。やはり羽毛布団は、ダクロン®より暖かい事は間違いありません。実験のデータと実際に使用した時の「暖かさの差」はならず有ります。

「ダクロン®・クォロフィル」の弁護をする訳ではありませんが、ほんの僅かな時間でもとの様に暖かくなる事は、事実です。表現としては、ダクロン®は、「使用する人の体温を保つ」と言う事、羽毛は「羽毛布団自体が蓄温する」って感じです。

また一番の「差」は、ドレープ性・肌添いです。やはり羽毛布団の方が、肩口等に隙間が空きにくくフィットします。ジャケットや寝袋等、「ファスナーで隙間を止めてしまう形状の物」と、やはり「身体の上に掛かっているだけ」の掛布団との保温データと実際に使用した場合の「差」がそこに現れます。

京都の布団専門店「眠むの木」としては、軽くて暖かと言う掛布団をお探しの方には、是非「羽毛布団」を、ただしホコリにかなり敏感な体質の方や、アトピー体質・動物性繊維にアレルギー反応をおこされる方には、ダクロン®クォロフィルを間違いなくお奨めいたします。

いずれの場合でも、冬場に寒さを感じられる時は、羽毛布団やダクロン®布団の上に、タオルケットの様なモノ、マルチクロスや、薄いキルティングのベッドスプレットの様なモノを掛けるとグーンと暖かさが増してきます。お試しください。


羽毛ダウンのハンドピック

ポーランドでナンバーワンと言っても過言ではない、マザーグースのハーべスティング/本当の意味のハンドプラッキングは、マザーグースのみの採取方法になってきそうな動きがあります。2014年〜殆どの国で、ハンドピックが禁止されました

目次に戻る


羽毛布団について/ダウンファイバーの吹き出し…結論から言って、羽毛布団はしばらくご使用になられた場合、生地等からの、ダウンファイバー(ダウンの極小繊維羽枝)が少量噴出しがあることは否めません。

一般的には羽毛布団は綿織物又はそれに類する生地に吹き込みをします。通常羽毛布団の生地は「ダウンプルーフ加工」と言う織物の目潰し仕上げをし、羽毛の吹き出しを防ぎます。

ダウンの吹き出しを止める事を主に考え「生地の目潰し」をすればするほど当然通気性が劣ってきます。ですから、羽毛自体の保温力を保ちながら、快適性としての通気性を損なわない程度のバランスのとれた、「噴出し防止対策」された生地が理想です。

生地の一部に極端に強い力がかかった場合・例えば、羽毛布団の上を歩く・羽毛布団を踏む等 羽毛掛布団は上に掛けるものであって、下に敷く物ではありませんので!! 子供さんがお布団の上でジャンプして遊ぶ…一番の原因にあげられます。

いろんな情報の中に「お布団のホコリは掃除機で吸いましょう…」なんて書かれていたので、アタッチメントも付けづに掃除機で強い力で吸ってしまった場合。噴出す状態でない生地を傷めたり、吸い出す必要の無い繊維まで吸いだしてしまいます。

上の2つは使っていて、何となくやってしまいそうな代表格ですので注意して下さいね。

◆もちろんカバーの縫い付けや、汚れ防止のために直接襟元にタオルなんか縫い付けないで下さいね!小さな針の穴からも、羽毛は吹き出てきますので… アレルギー体質の方にお奨め出来る寝具は…

適正な処理をされた羽毛を、品質の良い生地に、きっちり充填された羽毛布団は、一般のお布団と比較してもホコリは少ないモノです。

アレルギーの要因の「ダニ」についても、例えばヒョウヒダニの成虫の体巾が40〜200ミクロンに対して、生地の目の隙間は、一般的にタテ5ミクロン、ヨコ9ミクロンと言われています。

ただ、一般の方の場合は、少々のダウンファイバーの吹き出しでも、そんなに問題はないのですが、特に鳥アレルギー・ぜん息等、ホコリや動物性蛋白質のチリ等に敏感に反応される方の場合は、お医者様から、ご使用を止められる場合もございます。

「眠むの木」では、喘息・アトピー等、アレルギー体質の方には、羽毛布団や羊毛布団等、動物性繊維の寝具寝装品は、基本的にはおすすめしておりません。

ただ、厳密な話になれば、何といっても「動物性タンパク質の繊維」である事は事実です。アレルギーの方にとって、寝具の対策としては、アレルギー反応を起こす「可能性のあるものの排除」なんです。

動物性繊維は、ポリエステル繊維に比べてアレルゲンの発生の可能性が高くなるからです。ホコリに敏感な方にはこのようなお布団をお奨めします。

近年紡績技術や機械の開発により、適正な品質の羽毛布団が販売されるようになりました。「羽毛の飛び出しにくい布団」に関しては、近年アウトドアのスポーツ分野で評判の高いゴアテックスに着目し、 ゴアラミネート加工が施された生地を使用した羽毛布団の販売もされています。

羽毛布団の感覚はそのままに殆どホコリが出ない生地に仕上がっていますが、厳密に言えば、やはり中身は、動物性繊維なんです。 またデータの数値と実際の使用感には無理があると感じます。

羽毛布団を買ったけれどそんなに暖かくない…どうして?毛布は羽毛布団の下に使う?それとも上に掛ける?

中には、このような方もお店に来られる時もあります。「羽毛布団を買ったけれど、思っているほど暖かくない…」と言う方。話をお聞きすると、殆んどの方の場合、寒い時期は、今までどうり2枚合わせの厚いアクリル毛布を着てその上に、羽毛布団を掛けておられる方が目立ちます。

羽毛布団に詰められている、水鳥の「ダウン・羽毛」は、水鳥の体温を保つため、胸やおなかの部分の身体の一番近い所に育つものです。ですから、ダウンの良さを生かすには、身体に近いところに掛けて使用することです。

絶対とは言い切れませんが、羽毛布団1枚、毛布1枚でお休みになる場合@毛布を着てその上に羽毛布団を掛けるより、A羽毛布団を着て、その上に毛布を掛ける方が、羽毛布団の機能を活かせ暖かさを感じていただけます。

そのように、羽毛布団の上に掛けるものですから、毛布でなければならないという事はないのです。滑りやすい毛布よりむしろタオルケットや、マルチクロス(適度な厚さの布)の様なものの方が、良い時があります。

●羽毛布団を使っているのに、暖かさを感じない方は、一度上記の、@のパターンとAのパターンで、お試しいただき、いずれか、快適な方法でお休み下さい。羽毛布団を直接の場合、カバーがかかっていても、やはり入った時は「ヒヤッ」とする事は否めません。

羽毛布団の特性は、他の素材と比べて、お布団自体が暖まる時間が短い事が上げられます。もっと快適にご使用になりたい方にパシーマをおすすめします。これはいいです。冬場は、パシーマを着てその上に羽毛布団…。

一番寒い時期は、その羽毛布団の上に、お好みのでサインや色の、「布」を掛けていただければ、最高です!一度お試し下さい。



目次に戻る


シングルからキングサイズまでの安心な羽毛布団

今使っているのは…DT-1キングサイズ羽毛とん実用的でおすすめです。★その他のキングサイズの羽毛布団はこちら

最近インビスタ・ダクロン®・クォロフィルの機能や使用感も充分理解したので、昨年:2006年秋にキングサイズの羽毛ふとんに戻しました。 2014年現在は、キングサイズの羽毛布団です。


羽毛布団は気持ち良い

おまけに夏から使用している「パシーマ」がまた快適で、一年中手ばなせない快適アイテムです。自信を持ってお奨め出来ます。羽毛布団との組み合わせはベストマッチです。

企画の打ち合わせ

暑い夏から打ち合わせを重ね、じっくり育てた、おすすめできる羽毛掛け布団の数々!一般的なおすすめ品は、DT-1羽毛布団です

FBZ社CEOバラダッチ氏と小林社長と私

DT−1の中に入れている羽毛は、ハンガリーのFBZ社にお世話になっています。羽毛農場の現状や羽毛布団の選び方についてはこちらにお書きしています。

ハンガリー首都ブダペストから広大な平原の中、フリーウェーを約1時間少しのところに、ハンガリーの羽毛の集積シェアー75%を誇るFBZ・HUNGARIA CO.LTD.があります。
ハンガリーの羽毛の殆んどがこの企業に集積されます。CEOのバラダチ氏とかたい握手。安定した羽毛原料供給を依頼。 左から、私、企画販売/中央:FBZ社:CEOのバラダチ氏/製造:東陽産業・小林社長 ■ トレーサビリティーは完璧です。

最高級リピッチュマザーグース羽毛布団

ヨーロッパでも最高クラスの羽毛布団です!

バラダッチ氏が最後に見せてくれた、最上級のマザーグースダウンでを、上質の、生地に充填した、今年の逸品:DT-5E羽毛布団です。


素晴らしいマザーグースダウンです

ポーランド・ハンガリー  現地での交流

京都西川シルバーグースダウン
羽毛布団の選び方の目安にしていただくように、こちらのページに羽毛布団の簡単な豆知識をアップしました。


ポーランド各農場から集積されます

動画をご覧下さい
たっぷりの水で洗浄をし、選別にかけます

羽毛の選別機
動画をご覧下さい 羽毛選別の為の大型の機械です。

背の高い方にはプラス20cmのゆとりを持たせたスーパーロングもご用意

西川最高級羽毛布団
京都西川と「眠むの木」のコラボ企画のロシア産シベリアンホワイトマザーグースダウン羽毛布団です。


目次に戻る


新しい生活の始まり… ブライダル寝具として人気ナンバーワンの羽毛布団のトップページです

二枚合わせの羽毛布団の選び方

最高級ポーリッシュマザーグース羽毛布団
マザーグース羽毛布団のご紹介ページです

目次に戻る


以下は、眠むの木のオリジナル羽毛布団の一例です

↓京都の布団専門店「眠むの木」がお奨めする安心安全の一般的な羽毛布団です↓

MD
少し安い羽毛布団
ハンガリー産ホワイトグースダウン
2枚合わせの羽毛布団

DT-B・HD90:実用的「眠むの木」がお奨めするな羽毛布団。一般的なグースと同等のの持ち主

DT-SG93:こちらもお値打ち羽毛ふとん・実用品ですハンガリー産シルバーグース入りです。

DT-1:ご存知ハンガリー産ホワイトグースダウンの優れモノ。安心安全の定番の羽毛布団です。

DT-M・1:ハンガリーWGD2枚合わせ・デュエットタイプ。満足度がグーンとアップ!

ロングサイズの羽毛布団
DTN2
ポーランド産マザーグース羽毛布団スタンダード
ポーランド産マザーグース羽毛布団

スーパーロング230cmの羽毛布団 身長が190cmでも足がゆったり!!気持ちよくお休み下さい

DT-NU:京都西川と京都の布団専門店「眠むの木」がともに作った高品質の羽毛布団こちらも絶品です

眠むの木がお奨めするDT-1 premium:お奨めの羽毛布団DT-1シリーズの最高級クラスの羽毛布団です

DT-5:品質のみこだわったポーランド産マザーグース羽毛を使用しています。今年も最高の羽毛布団の誕生

最高級羽毛布団
2枚合わせの最高級羽毛布団
PWGD93
キングサイズの羽毛布団

DT-5E:ドイツ原産の、ハンガリー育ち広大な原野でのびのび育ったマザーグースダウンです。リピッチュ

DT-M・5E:2枚合わせで最高級の羽毛布団です。もちろんマザーグースダウンが充填されています。

↓京都の布団専門店「眠むの木」がお奨めする安心安全の羽毛布団です↓

DT-2:ポーランド産純粋のホワイトコウダ種のグースダウンです。高級羽毛布団の定番品絶品!

キングサイズ羽毛布団の一例、同じ生地ですが、いろんなパターンがございます。

西川の羽毛布団
洗えるダウンケット
アイダーダックダウン
特価羽毛布団

西川440周年記念羽毛ふとん良い品・良い生地・良い中身安心の逸品です。

RPH:夏のために作りました洗えるダウンケット。ご家庭でも洗える羽毛肌掛け布団ですサラッと爽快です。

アイダーダック羽毛布団の現地取材日記アイスランドの方々との触れ合いを通してアイダーダックの生態をご紹介

★その他お好みのサイズ・厚さでお作り致します…お気軽にお問い合わせ下さい★

京都西川と、綿寝具組合の共同企画の羽毛布団のご奉仕品シングルサイズ

アイダーダウン
爽快な羽毛布団
クオチコ家族

★ オリジナル アイダーダウン羽毛布団のご紹介 素晴らしいアイダーダウンの羽毛布団が仕上がりました!!

DT-A/ND48暑がりさん、暖かいお部屋でお使いいただく羽毛布団です。少し薄い目に仕立てしています。

マザーグースのトップ:ダウンも生地も全てに最高品質を追求しました本当に良い羽毛布団が仕上がりました

●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら

●羽毛布団の選び方はこちら

目次に戻る




区切り


敷布団に求められる機能、それは身体をキッチリ支える「コシ」です。 わたの種類としてお奨めできるのは、綿わたと羊毛わた。 最近では特殊な加工を施した高性能ポリエステル等も開発されています

以前使っていた敷きふとんは、
冬場はベースに超硬質のウレタンマットレスをその上に羊毛3層敷布団を敷いていました。その敷が少し薄くなってきたので、ワケ有りのムートンPADをのせました。

一応快適に眠っていましたが、クシャミや鼻水がひどくなりその後、ダクロン®の敷布団に交換しました。ダクロン®敷ふとんは自信を持ってお奨めできます

京都西川京都西川のローズテクにー

2005年〜
ローズテクニーという電位治療敷布団を使っていました。結構調子が良いです。2010年に、プレミアム敷ふとんに変えました。

敷布団のメリットとデメリット
体圧分散

最近の敷き布団は、 固綿敷ふとん/3層敷き/等、機械作りの品が多くなってきました。メリットとして機械で作れば、 均等にまっすぐかっこ良く、また大量に仕上がります...。

ですが!よく考えれば、人の身体は 頭・背中・腰・お尻・太もも・足の先などそれぞれ重さが違いますよネ。資料によると 頭8% 胸部33% 臀部44% 脚部15% なんだそうです..。それが問題なんです。均等仕上げの場合は、当然より重いお尻の部分が凹みますよね。

従来は、手作業で綿を1枚1枚タテ・ヨコにベニヤ板のように重ねていき、部分的に厚くしたり薄くしたりが可能でした。お客様の体型や体重に合ったお布団が手に入ったものです。


ダクロン®の性能や使い心地も認識し、羽毛ふとんを新調したついでに、敷ふとんも新しくしました。

京都西川ラジカル敷布団

京都西川ラジカル敷
と言うこれまた少し固めの優れものです。少し重い目ですがしっかり身体を支えてくれます。その上に、 ローズテクニーを敷きシーツはサニセーフで決まりです。


ラジカルでは硬すぎて家内の評価が低くなってきましたので、羊毛100%の敷ふとんを敷きました。

寝具に関しては、こだわりのある品質の優れたアイテムを使っています。現時点では非常に満足しております。

もちろんこの組み合わせがベストとはいえません。寝室の環境やスタイル・ご使用される方の体質等々によって素材の組み合わせは変わって当然です。

寝具に関するご質問はお気軽にご相談ください。

店長へのメールはこちらから。 勿論 2段ベッドや畳ベッドに合わせて作る事も可能です。 約10日間お値段は定番各サイズ以内なら同じです。詳しくは、是非一度ご来店ください。

究極の敷布団↓↓↓絶品です

キャメル究極の体圧分散敷布団の組み合わせ

実際に使用していますので、自身を持ってお奨めできます。気持ち良くお目覚めいただく究極の敷布団はこちらです。

パシーマとサニセーフ気持ち良い品

絶対おすすめ!パシーマ・サニセーフ

撮影用の事務所ではフローリング床用にこんな敷布団を使っています【メッシュウイング】


綿わたとの組み合わせ。

目次に戻る


掛布団も一般的な敷布団として店長お奨め敷ふとんはこのHB-3です。自由に曲がってそれでいて寝心地はしっかり目です。

お奨め敷布団

綿わた敷布団3キロと6.5キロの比較。

最近また根強い人気の、綿わた敷布団が注目です。夏場でも蒸れにくく、リフォームも比較的簡単です…

目次に戻る


現在使用している敷布団はこちらの品です


とても便利なマニフレックス


店長は、頚椎サポートタイプの枕を使っています…


  

我が家のアイドル(だった)「ボク」です。

お試しベッドで横になり時間をかけて選んだり、パソコンスケールで頚椎カーブをはかり、 オーダー枕を作ってみても、実際家に帰って、ご自分の布団やベッドで眠ってみて「売り場では合ってたけれどチョットちがうなぁ...。」と言う事もよくあります。敷布団の硬さにより身体の沈み込みが違うのですから当然かも知れません...。

「枕が合わなくて困っている」 と言う人がいる一方で「私は、枕無しの方がいい」と言う人もいます。

では、枕は何のためにあるのでしょうか。普通、枕を使うのは人が寝ているときで、頭と首に当てています。では、なぜ枕が必要か, 頭を支えている頚椎のカーブを適正に維持する為と言えるでしょう。ただ人それぞれ体格や頭の形,かたちの良い頭やゼッペキ頭など適正な枕の形状はまちまちです。

ちなみに我が家の『ボク(アメリカンショートへァ−享年九歳)』は、昼寝を楽しむ時しばしば枕らしき機能の物、本やテレビのリモコン等に頭をのせて眠っていました。

頚椎を完全にキッチリ支えてくれるソフトパイプ5分割枕です。これは、良質なソフトパイプで頚椎を支え5つの袋に分かれており、中身が移動せず首筋が安定します、またサイド部分が少し高くなっているため(寝返りをした時も落ち込まない形状) けっこう気に入ってます。

側ふくろに入れます

5分割枕です。もちろん5つの中袋にはファスナーがついており高さの調節か簡単に出来ます。

↓少し柔らかめの枕がお好みならこれが安心のダクロン®・コンフォレル枕です

◆僕はあまり好きではないのですが…

ダクロン®・コンフォレル枕

以前低反発ウレタンフォーム枕
も使っていましたが、冬の間、室温がかなり低くなった時なんか素材の特性上、固くなってくるのがチョット気になる…。

低反発ウレタンフォームについてはこちらのページでコメントをしております。
正直言って店長はこの素材の枕はあまり好きではありません…

もちろん我が家のような生活パターン、冬場は、朝8時から夜12時ごろまで寝室に関しては全く火の気なし、寝室に入れば、室温零度前後という事もある条件下ですが.....。

低反発ウレタンフォームのまくら また女性と男性では、好みがかなり違うみたいですネ....。体格や基本的に骨格が違うのですから当然といえば当然ですネ...。

低反発ウレタン
テンピュール

いろんなメーカーからいろんな商品があります。物により気温によって硬さが変化しますので…。

西川リビングから発表された温度変化が少なくなった「アイソトニックピロー」が発売されました。

最近は、備長炭や磁石やら色んな物が入った枕が出ていますが、「眠むの木」では、今までの経験や多数のお客様自信からのご意見等をご紹介して、 枕選びのお手伝いをさせていただきます。

もちろんお試し用ベッドもご用意しております。

◆ 「眠むの木」のトップページへ ◆

目次に戻る



 

ホコリの少なさに驚かれます

アレルギー反応を起こすキッカケとなるホコリや、ダニの発生が少なくなります。 アレルギー反応の原因である、一人一人のアレルゲンの除去に力を発揮いたします。 睡眠環境を整え、反応を起こしにくくし、睡眠の質が良くなります。 良い眠りを取ることで体調が上向きになり、その事が反応を鎮静に導きます。

ホコリに敏感な方の寝具トップです。とにかく一度ご覧下さいまたお布団カバー等は、特別に加工された布団カバーを使用する必要もなく、 一般的なカバーをお使いになり出来るだけ、カバー・シーツ類のお洗濯の回数を増やす事をお奨めいたします。

ダクロン®・インビスタ/ダクロン®・クォロフィル・ダクロン®・ホロフィルUのお布団と、 お洗濯が簡単なパシーマとの組み合わせがベストマッチです。

アレルゲンの代表 と言われている「ダニ」の発生は、人間の汗やフケが原因とされているらしいです。 この原因除去の最善の方法は「洗濯」する事です。 最近よく「ダニのすみか」と取り上げられる「お布団」も「洗える」ことが基本です。もちろん、どんな寝具も洗う事は可能です。ただ洗った後、その「お布団」が使用できるかが問題です。

汚れは落ちたが「カチンコ」に固まって使えないとか、しなやかだった生地がゴワゴワになって、全く以前の風合いが失われてしまったとか......。もちろん保温力が低下したなんて事になったら最悪です。

敷布団の床面のカビ

最近非常に問題の「カビ」敷ふとんのお手入れは忘れずに!!特にフローリング床の場合は、「万年床」は禁物です!!

実用的な布団

●ホコリにならずに、お手入れが簡単!

インビスタダクロン®・クォロフィル

細い繊維の中に7つの穴があいており、空気をたっぷり含んでいます。

羽毛に比べて、 ドレープ性(首筋などの肌添い)がやっぱり劣るかな..て感じですが、暖かさに関しては、必要にして十分です。 またホコリが全くといって良いほど出ない事も付け加えておきます。ほこりに弱い方や、アレルギー体質の方に特にお奨めいたします。

中でもオールシーズン対応のオリジナルマルチキルトがお客用にも大好評です。

自分の経験上ダクロン®・クォロフィルの掛布団は、自信を持ってお奨め出来る。価格も手頃だし、是非お試しください...。今年は、すっごく寒かったのですが、この冬は掛毛布を使わずに過ごしました(もちろんテクニーのおかげもありますが)。

肩口の冷えが気になる時は、「肩当て」を使えば問題なし。掛け敷用に冬の毛布や夏のタオルケットの代わりにパシーマを使用しています。大満足!!

中綿は、掛ふとんにはダクロン®・クォロフィル掛布団に必要な機能、軽さ、柔らかさ、フェルト化し難さ、の特性がる、7つ穴タイプの「ダクロン®・クォロフィル」がお奨め。

敷布団にはダクロン®・ホロフィルU敷布団に必要な機能は、身体を下で支える「コシ」です。ダクロン®・ホロフィルUは4つ穴タイプ。7つ穴タイプのダクロン®・クォロフィルと比較して、繊維自体が硬く「コシ」があるインビスタのポリエステル繊維です。

枕にはダクロン®・コンフォレルをお奨めいたします。従来の長い繊維が一つ一つ粒状になり、側生地の中で、自由自在に動くタイプの特殊なポリエステルわたです。羽根枕の感覚で、ホコリになりにくい新しい形のわたです。

ダクロン®・クォロフィルには、1本の細い繊維の中にポリエステルでは初めて空気孔を7つ通した、 「中空7穴構造」。この孔が沢山の空気を含み、よりクオリティの高い柔らかさや、温かさ、軽さを実現しました。

掛布団に
インビスタダクロン®
インビスタ

敷布団に
インビスタダクロン®・ホロフィルU

特殊コーティングが施されているため、繰り返し洗濯しても中綿が固まりにくく、フンワリ感を保てます。 またダクロン®・クォロフィルは速乾性の比較で羽毛の約3倍のスピードで乾く事が分かります。


「眠むの木」では既製品サイズの他、お好みのサイズ、厚さ(綿量)でお作りいたします。●アレルギー対策寝具の一部を紹介します。



目次に戻る

◆ 「眠むの木」のトップページへ ◆




座布団

申し訳ございません。取り扱いを終了させていただきました
◆ 「眠むの木」のトップページへ ◆




パジャマ ネグリジェ

「眠むの木」ではパジャマの種類の豊富さも自慢です。リーズナブルな価格でチョッとオシャレなアイテムが「ウリ」の一つです。

超人気のガーゼパジャマのトップページです是非ご覧下さい

パジャマ

◆ 「眠むの木」のトップページへ ◆

目次に戻る



布団の打ち直し
仕立て直し

●綿わた●ポリエステルわた●羊毛わた●羽毛等、殆どの中綿は再利用が可能です。ただし、シルク(絹わた)はほぐし直すことが出来ません注@。長期にわたって使用し、ペタンコになったり生地が破れたり、またサイズを変えたい時にご利用ください。お布団を解体し、繊維を機械にかけて元の玉綿に戻し、作り直します。ベテランの職人の技術で古くなった機能を蘇らせます。

ですから仕上がった時は、新品同様です。ただ、機械にかけた時点で繊維も短くなりますし、粘りやコシが衰えます。弱った繊維は、若干飛び散りますので、 同じサイズに仕上げるには新しい綿を補充させていただくのが良いと存じます。

注@まわた・絹布団の場合、薄くなり保温力が落ちてきた場合は、巻き綿も可能です。ただし既存の中綿に足し綿をする訳ですから、重量は増加いたしますのでご注意下さい。

打ち直しの代金

価格に関しては、地域によって若干差があるようです。 ●従来の素材である「綿わた」や「綿わたとポリエステルわたの混綿」の場合、眠むの木では、シングルロングサイズ掛布団で仕上がり価格が、¥7,000前後(キナリ生地を使用/綿量や足し綿の量・質により¥6,500〜¥8,000)です。

また敷布団の場合は、キナリ生地を使用して、綿量や足し綿の量・質により¥7,500〜¥8,500前後になります。具体的な価格はお近くの寝具専門店でご確認下さい。

羊毛布団のリフォーム

●羊毛布団の仕立て直しの代金は、シングルサイズで8,000円〜10,000円前後。その価格帯なら、WOOLの質や生地の品質によっては新品が販売されてはいます。

どちらにされるか判断に迷われる方が多いのも事実です。作業内容は上記の綿わたとほぼ同じ工程です。 そんな感じでこちらは少し微妙です。

羊毛の繊維にはスケール(うろこ状のふし)があり湿度調整の機能があります。ただカシミヤやウールのセーターを、ご家庭でお洗濯をすると、硬く締まってしまい着用できなくなったご経験がある方も少なくないでしょう。一般に「フェルト化」といわれ、羊毛の生地自体が硬くなって風合いも悪くなってしまいます。

羊毛の布団も同様で、長期間使用していると、寝汗や結露等の湿気で、フェルト化し風合いが、損なわれます。敷ふとんなどは、「自然のスプリング・クリンプ」といわれ、はじめは弾力がありますが、しばらく使用すると縮れた繊維が絡みつき、元に戻りにくくなります。>/

今の開綿機でほぐす事は可能なのですが、コスト的にみれば、微妙なところです。あえて羊毛布団をお好みの場合は、別ですが、コスト面を考えれば、新しい品をお買い上げになられる事をお奨めしております。

羽毛布団のリフォーム・仕立て替え打ち直しは、こちらのページにアップいたしました●お近くに布団専門店が少ない場合は眠むの木にお気軽にメールでご連絡下さい

ご注意仕立て直しの場合は実店舗で・・・基本的にはお手持ちのお布団の良し悪しで、お値打ちがある場合と、買い替えの方がはるかにお徳って場合がございます。実際にお客様が立会いの上で確認させていただき、ご説明の上ご注文をいただいております。

そのような理由で「眠むの木」お持込みいただける場合のみご注文を承っております。WEB店では、皆様からのご質問にはお答えさせていただいておりますが、ご注文はお受けしておりませんので、その点ご了承のほどお願いいたします。

綿わたの打ち直しの工程

綿の打ち直し
綿打ちなおし
打ち直し

@お客様からお預かりしたお布団の生地を解体し、生地を解き綿だけにします。

A開綿機械の上にセットします。生地をはずした綿をほぐす機械です。

B長年使用し、硬く締まってしまったわたをほぐし柔らかい元の状態に戻します。

仕立て直し
再生
リフォーム

Cなんと!!わたの繊維がパイプの中をエアーの圧力で飛び...Dの太鼓のようなローラーまで移動させます。

D整理されて太鼓状のロールに巻かれます。イメージは、「バウムクーヘン」のような状態です。

E仕立てしやすい規定量に重ねられた綿は、仕立てしやすい大きさにカットされ、たたまれて行きます。

手作り布団
布団の完成品

Fわた打ち直しの完成です!!とびきり良い布団も、あまり良くない布団も、全く同じ作業をするので価格は同じです。

新しいお布団を作る工程と全く同じ方法で、お布団に仕上げられます。ですから、お手持ちのお布団の質がそこそこなら、是非仕立て直しをお奨めします。

ただあまり品質の良くないお布団は、「買い替え」の方が良い時もあります(経済的には)。

ただエコロジーでは、「仕立て直し」です。

根強い人気の綿わた入り敷布団

「こだわり綿わた敷ふとん」トップページ

赤ちゃん用敷ふとん

綿わたの品質比べ

目次に戻る


羽毛布団の仕立て直し

羽毛布団のリフォームの工程をアップしました。高性能なマシンと経験を生かした手作業のコンビで、くたびれた羽毛布団が見事に復活いたします 。

羽毛ダウンの洗浄

羽毛布団のリフォームの工程


一度「眠むの木」にご相談ください。
店長にメールする

◆ 「眠むの木」のトップページへ ◆

目次に戻る



昔から言われている様に、

「寝汗」って夏はもちろん冬場でもけっこう出ます。問題はその中の塩分。 ジョギングの後など木陰で休憩したあと「おでこ」に残る、あのザラッとしたやつ...。一晩に「コップ一杯」というのが本当かどうかは別として、一年365杯..旅行や出張を差し引いてもざっと250杯...。コップ250杯の汗を煮詰めたら.......。

塩分/脂肪分/その他の物等想像したら結構すごい状態ですよネ..。

●寝具の中綿素材として:綿わた・羊毛わた・羽毛その他の天然素材の繊維に、塩分・蛋白・油脂分が絡み、その上適度な温度と湿気があれば、カビは必ず発生してしまいます。それが微生物の餌となり、それがまた、ダニの餌になってしまいます。まさに、アレルギーの原因の上に眠っている事になるのです。お布団の水洗いにより、ダニ・ダニの糞などは、完全に「洗い流され」ますし、カビ菌のほとんどが除去できます。

(カビのシミの形は取れませんのでご了承のほど…)ですから、アレルギー体質の方や、アトピー体質の方には、非常に有効なアレルギー対策になります。
一般的な日干し等の手入れはもちろんですが、適当な時期で「水」での丸洗いも必要です。今では布団の「丸洗いも」一般的になって来ました。もし「丸洗い」に出される時は、安心できるお近くの「お布団屋さん」もしくは「クリーニング店」にお出しください。

点検商法ってチョッとコワイ業者が最近問題になっていますので気をつけてくださいね…!! もちろん「眠むの木」も「布団の丸洗い」を承っております。使い心地がチョッと気になり出したらお近くの「布団屋さん」に気軽にご相談されれば良いと思います。


お布団の丸洗い

価格は、お店によって差があると思いますが…京都市内にお店がある「眠むの木」では

シングル掛布団 3,780円〜(税込み)

シングル敷布団 3,240円〜(税込み)

ざぶとん 中 648円〜(税込み)

シングル毛布 1,080円〜(税込み)

価格に関しては中わたの素材によって変わります
お近くの寝具専門店でもう一度お確かめ下さい、仕上がり期間は、一般的には一週間から10日間です

お布団の丸洗いA

綿わたの敷ふとんはふくれます。羊毛やダクロン®はそんなに嵩は回復しませんのでご了承を。

店長にメールする

目次に戻る


お布団のお手入れ

ふとんを日に干すと、ふっくらとして、

気持ちが良いものです。小さいころ、お母さんが庭先から干したふとんを入れるそばから、フカフカになったふとんの上で大あぱれして遊んで叱られたりしたものでした。 上手なふとんの干し方を紹介しましょう。

ふとんを干すと、汗などの湿気を逃がしてふんわりとした肌触りが楽しめます。 また太陽の熱や紫外線による殺菌効果もあります。こまめに干すことをおすすめしますが、あまり長時問干さないで効率よく干してください。

◆干すには時問帯が大切で、朝は夜露が蒸発するので湿気が多く、干してもふとんはかえって水分を吸ってしまいます。夕方も、 日が落ちると急速に湿気は多くたります。したがって効率よい時問帯は、午前10時から午後2時ごろの日光がいちばん強いときが適当です。

◆直射日光による変色を避けるために、カバーをかけた状態で日に干します。特に羽毛ふとんは風通しのよい日陰に干してください。

雨天の翌日は、晴天でも地上から蒸発した水蒸気が多いので避げましょう

◆黒い布をかけて干すと、直射日光を早く吸収し、 高温になるので乾きやすくなります。また、高温になるためダニ退治にも効果的です。

素材に合わせた正しい干し方

○綿ふとん表裏2〜3時問、日干し
○合繊ふとん表裏2〜3時問、日干し、または日陰干し
○羊毛ふとん表裏1〜2時間、日陰干し、日干しの場合はカバーでおおう
○羽毛・羽根ふとん表裏2〜3時問、日陰干し、日干しの場合はカパーでおおう
ふとんを干す時は、生地が日焼けしないよう、必ずカバーやシーツを付けて干すことが大切なポイントです。

●ふとんをとり込む時の注意
お布団の手入れお布団の圧縮袋

ふとんを干す場面を頭の中にイメージしてみてください。
パンパンとふとん叩きでふとんを叩いている場面を思い描いた方が多いのではありませんか。でも、 力まかせにふとんを叩くのは、表の生地はもちろん、中のわたをいためてしまいます。 ストレス解消にはいいかもしれませんが、パンパン叩く音は、 他の人にも迷惑になります。いままで叩いていた人は、ふとんの寿命を自ら短かくしているのです。

さっそく、今日から叩くのをやめて、ふとんをいたわってあげてください。 ブラシで軽く表面のほこりを払うだけで充分です。

「眠むの木」としてはお布団だけの事を考えれば圧縮袋はあまりお奨めいたしません・・・ が、押し入れのスペースが問題。どうしてもという場合は1/4ぐらいで…とパンフレットに書かれていますが、★ご考案者の方から、ご連絡をいただきました。出来れば1/2程度までにされる事をお勧めしますとの事。あまりペタンコにされると、長期間の保管の場合は、やはり素材によって差がありますが、もどりが悪くなる場合もございますのでご注意ください。

その他いろんなお布団のお手入れの方法をこちらにまとめました。

目次に戻る