眠むの木の基本



※

◆眠むの木が皆様に貢献できる事

▲ メインのトップへ





1




皆様の健康

毎日の暮らしが快適に過ごせる。その基本はやはり健康な身体というところにいき着くのではないでしょうか…。昔から言われているように「よく食べ・よく動き・よく眠る」が基本なんでしょうが、生活パターンの上でそのバランスが保ちにくくなってきています。人生の3分の1の時間はお布団にお世話になるわけですが、そんなに睡眠時間を取れない方も多く居られるのも現実です。

質の良い眠り睡眠

「質の良い睡眠」とはよく言われている、レム・ノンレム睡眠のバランスですね。特殊な場合を除いて一般的には適正な敷寝具(敷布団と枕)でかなり改善されます。

身体に良い布団

といっても人の身体は、もちろん性別・年齢・体型(身長・体重)及び体質によって当然違います。それに加えて最近では住宅環境の多様化により従来お奨めできた寝具がその方にお奨めできない場合も出てきました。

自然の素材

天然素材・自然のものは身体に優しい…。僕もその通りだと思います。日々の生活の中で、出来れば自然の素材を中心に揃えるべきです。ただ現実には生活パターンや環境の変化で個人レベルでは悲しい事ですが対応できにくくなってきました。天然素材は比較的、こと寝具に関して劣化し易いですし(劣化によるわたボコリ)日々の「お手入れ」が必要となります。

《新素材》化学的につくられた素材主に石油からつくられた繊維(ポリエステルわた)の品質や機能がどんどんよくなっています。従来のただ「お布団に詰めるだけのわた状の物」から保温力はもちろんですが吸湿性・保湿性・発散性について「自然素材」を上回った品質機能を備えた素材が生まれています。

適正な布団ふとん

ですから、どちらに偏る事無く、上手く使い分ける事。その事が私達にとって一番大切な「生活の知恵」ではないでしょうか。眠むの木のお約束どおりにお客様個々の「快眠」のお役に立てる事を願ってやみません。

自然環境と布団

自然志向の中で、個々人の嗜好によりその素材を得るために自然が破壊されていくような現実を耳にします。超一般人の僕が言うのもなんですが、適正な人工加工品と天然素材をバランスよく使用することが、結果としてエコロジーに結びつく事ではないのでしょうか…。

結論は

…デスネ。敷布団の話ですが、個人的にはお手入れ(週一回前後の日干しの出来る方)には、コシのある短繊維を入れたオリジナル綿Dタイプを、推奨します。アトピー・喘息等ホコリや動物性の繊維に反応しやすい方には、オリジナルHB−3またはCHB-4をお奨めいたします。2段ベッド、畳ベッドの内径にあわせたオーダーもOKです。もちろん急なお客様用に価格の安いお布団類もご用意しています。

安心な布団

「お布団」を通じて地域の皆様の健康維持のために少しでも貢献できる事…。それは皆様のご希望の範囲で「質の良い眠り」を提供できる寝具を提案させていただく事です。どうぞお気軽にご相談してください。





▲ メインのトップへ






●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら

●羽毛布団の選び方はこちら

●「眠むの木」おすすめ敷布団

●寝具の選び方のページ「布団屋.jp」

眠むの木のメイントップへ

迷った時はサイトマップ

法律に基づく表示

お支払い方法について

送料について

個人情報に関して


お問い合わせご質問は、お気軽にこちらから

copyright(c) 2004-2017 e-nemunoki.com All Rights Reserved.