おかいものかご カート

イワタのキャメル敷ふとんとアッサム綿のコンビで質の良い睡眠をご満喫

最近の寝具素材の開発はすばらしいものがあります。イワタのキャメル敷布団(ラクダの布団)で体の凹凸の隙間を埋めアッサムコットン敷ふとんで全体を支えます。

イワタのキャメル敷ふとんとローズラジカル敷ふとんの組み合わせは最高です

今回このページでご紹介させていただく敷ふとんは、西川さんのムアツふとんの機能を超える事が出来るでしょうか…。

良い敷布団

プレミアム敷布団セットの目次

睡眠障害等でお悩みの方、また究極の快眠良い睡眠を得ていただくためにも寝姿勢の観点から敷布団をもう一度考えてはいかがでしょうか。価格は決して安いお布団ではございませんが質の良い睡眠が得られます。

少しお値段は高くなりますが素材の機能を生かした非常に快適な敷布団セットです。睡眠でお悩みの方におすすめできる最高級のお奨め敷布団セットです。

実際に眠った感想

一般に市販されてる敷布団として、機能的な部分、吸湿性・放湿性はもちろんですが、眠りに一番大切な身体を支える、支持性、凹凸のある人間の身体を適度に支える本当の意味の体圧分散性から言えば、理にかなった良い敷布団です。

本当に良い眠りを追求しておられる方、今までの敷布団ではご満足を得られない方にお奨めできるおすすめ敷布団です。○○布団を完全に超えた良い敷布団です。

おすすめ敷布団
この敷布団はこんな方にお奨めします

この敷布団は、畳のお部屋やフローリング床、畳ベッドやすのこベッドでご使用される敷寝具としてピッタリの敷布団です。天然素材のアッサム綿に加えて、お手入れが楽なHB-3との組み合わせも用意いたしました。

イワタのキャメル敷布団とは

モンゴルの厳しい環境に生息するフタコブラクダの毛、キャメルは吸湿性・発散性に優れ、常に乾いた状態になる性質を持っています。特に放湿力は羊毛の約2倍

キャメル敷ふとん らくだの敷布団

一晩にかくコップ一杯の汗を吸収する敷布団にはうれしい機能です。四季を通じて寝床内がサラッと気持ち良く、汗をかいても蒸れません。冬はもちろん快適ですが、夏も涼しく爽やか。湿度の高い日本の気候に最適です

モンゴルの厳しい環境に生息するフタコブラクダの毛、キャメルは吸湿性・発散性に優れ、常に乾いた状態になる性質を持っています。特に放湿力は羊毛の約2倍。一晩にかくコップ一杯の汗を吸収する敷布団にはうれしい機能です。

四季を通じて寝床内がサラッと気持ち良く、汗をかいても蒸れません。冬はもちろん快適ですが、夏も涼しく爽やか。湿度の高い日本の気候に最適です

イワタのカタログ

上の画像は、今回ご紹介させていただく、株式会社イワタ(創業 1830年天保元年)の商品カタログです。

このキャメル敷ふとんが製品化されるまでのいきさつを、全国の皆様にお伝えさせていただきたく、その内容をご紹介させていただきます。

イワタは、羽ぶとんをおよそ40年もの間、作りつづけていますが、キャメル敷ぶとんを開発する以前は、敷ぶとんを一切作っていませんでした。一般には、羽ぶとんと羊毛敷ぶとんとが当たり前の組み合わせの様に販売されていたにもかかわらず、イワタは羊毛の敷ぶとんを一枚も作らなかったのです。

その理由は、羊毛は腰に良くない姿勢になるからです。羊毛を拡大すると、スケールと呼ばれる突起物があることがわかります。寝返りをするたびにスケールが互いに引っかかり、毛玉になります。

その結果、お尻の下だけがペシャンコになってしまいます。お尻の下がへたった敷ぶとんは、ふわふわのウレタンマットレスと同じように、お尻が落ち込んだ姿勢になってしまいます。

理想の敷ぶとん素材との出会いは偶然おとずれました。

イワタの社長が、あるお取引先で商談をしていた時のことです。そこに、たまたまモンゴルから帰国した方が訪間されました。「モンゴルはカシミヤが有名だけど、ラクダの毛はあまり日本に紹介されていない。少し持って帰ってきたけど、見ますか?」サンプルを持ち帰って調べると、予想通り、ラクダ[キャメル]の長い毛はスケールが見られませんでした。

キャメルヘアー

左の白いシープWOOLと比較して、右のキャメルヘアはスケール(うろこ状の表層)が無くハンモック効果があるつまり、へたらない敷ぶとんができる可能性が高いわけです。その上、モンゴルの冬の気温は、マイナス40℃以下、夏は、35℃ほどあります。

こんな厳しい環境に生息するラクダの肉体を守る体毛なら、人間の体をきっと無理なく安眠に導いてくれるふとんができるはずだと社長は思ったといいます。

商品化してから分かった利点もあります。太くて長い毛のおかけで、お尻の体重をお尻の不だけで支えるのではなく、周囲の面全休で支えることになります。その結果、 お尻の落ち込みが少なくなり、思った以上に腰への負担が軽減されるということです

アイデアはまとまったものの、商品化するのがとても困難でした。まず、ラクダの毛をきれいに洗う方法がわかりません。高温多湿の日本で、臭いが発生しないようにするために試行錯誤を繰り返しました。やっと洗えて剔ラクダの毛を敷ぶとんのわたに加工する機械がありませんでした。

最初にテストした時は、せっかくの長毛がすべて2〜3cmに切れてしまいました。せっかくの長毛が短く切れてしまったのでは、腰に優しい敷ぶとんにはなりません。

来る日も、来る日も朝の8時から、日が暮れても残業をして機械の開発と調整、ラクダのわたの試作を作りました。機械を導入してからおよそ3ケ月後、3月のまだ寒さが残る頃、念願のラクダの毛をふとんわたに加工することに成功しました。「これで、世界初のキャメル敷ぶとんの完成だ。」と開発に携わった誰もが思っていました。

ところが…

今度は、生地に問題が発生したのです。耐久テストのためスタッフが自宅で寝てみると腰がすっと伸びて、しかもポカポカと温かくて眠りやすかったのですが、しばらく使っているとラクダの毛が生地から吹き出てきました。ラクダの毛が太くて硬いため、生地から突き出てきたのです。

生地の開発となると、織組織を考えて、織機で生地を織り、整理加工をしなくてはなりません。せっかくラクダのわたができたのに、商品化までには更に長い時開か必要となってしまいました。ラクダ専用の生地ができた時には、ラクダの毛の開発に着手してからおよそ3年4ケ月の年月が経っていました。

想像してみてください。

マイナス40℃の凍りつくような厳しい寒さのゴビ砂漠を「ハァー、ハァー」と真っ白い息を吐いて、じっと耐え忍びながら群をなして歩いているふたこぶラクダの姿を。

そのラクダの休の表面は、ビッシリと40cm以上の長い毛でおおわれています。そして、その内側にはふわふわの細くて柔らかい毛がすきまなく密集しています。 ラクダはその長い毛と柔らかい毛でおおわれているお陰で、極寒の地の果てでも、力強く生き延びることができるのです。

春になり雪が溶けだす頃、ラクダは砂漠の暑い夏に備え、毛変わりをします。遊牧民は、毎年、この頃にラクダの毛を集めます。こうして集められたラクダの毛が、キャメル敷ぶとんにはたっぷりと使われます。ラクダ1頭で、キャメル敷ぶとん、シングル1枚分しか作れないたいへん貴重なものなのです。

以上、IWATA.INC.リーフレットより転記

完成したキャメル敷ふとん

長い時間をかけて作り上げられた、「イワタのキャメル敷ふとん」。発表から年を重ね、お客様のご要望にお答えし、多くのパターンをお作りしております。サイズは、巾に関してシングルからキングまで、また長さも従来の200cmに加えて、全ての巾に、210cm丈をご用意。

また厚さも、ベッドPAD兼用のライトタイプ、一般的な、レギュラータイプ。そしてキャメルわたをたっぷり増量のヘビータイプ。の三種類です。お休みになられる寝室の環境、また地域性に応じて、組み合わせによりご使用いただく事をお奨めいたします。

イワタのキャメル敷ふとん

アッサムコットン100%入り敷布団とは

この敷き布団に使用している綿はインド・アッサム地方で取れる綿花で、繊維が短く太い上に捩れがあり弾力性に富んで非常にコシ(支える力)が有ります。そのアッサム綿を100%使用しております。


短繊維で捩れの強い木綿わたを、しなやかな新疆綿のサテン生地に詰めいています。インド綿系の中でも敷布団用の詰めものとして昔から定評のある綿わたです。


詳しくはこちらのアッサム綿敷布団のページをご参照ください。

敷寝具・敷布団の基本・理想の組み合わせ

畳やフローリング床・畳ベッドやスノコベッドで眠る場合は、身体の全体を適正に支えるため下の図の(1)ベース層と 身体の凹部の隙間を支える(2)パッド層の2枚の組み合わせをお奨めします。

敷布団2枚組み

パシーマ:パシーマは脱脂綿とガーゼを用いた清潔寝具です。肌に気持ちよく、寝ながら快眠健康。ジャブジャブ丸洗いできて、非常に衛生的な寝装品です。敷寝具のシーツとしてご使用いただく事で寝床内の快適性がグーンとアップします。

パシーマのサンプル


パシーマについて詳しくはこちらで…

スノコベッド・畳ベッド・フローリング床・たたみのお部屋で快眠!!

身体をしっかり支える機能があります。正しい寝姿勢を保ち質の良い睡眠をサポートする敷寝具です。例えばすのこベッドの場合。

すのこベッド

まずは、畳の部屋・フローリング床・すのこベッド・畳ベッド・の上にベストとしては除湿シートをセットし↓(除湿シートは別売りです

除湿シート

その上にベース層のアッサムコットン100%の敷布団をセット↓

アッサム綿敷布団

その上に、パッド層のイワタのキャメル敷布団をセット↓

イワタのキャメル敷布団

快適寝装品・パシーマを敷シーツとしてセットして完了↓

おすすめ敷布団

除湿シートは別売りです。ご了承お願いいたします。

除湿シート・マニシートドライ

除湿シートはこちらのページでご提案しております。

快眠セット6P/キャメル敷・アッサム綿敷・パシーマの組み合わせ

たたみの部屋やすのこベッド等でご使用の場合、京都「眠むの木」がおすすめするベストな敷布団です

良い敷布団
快眠セット6P/シングルサイズ100×200p

@パシーマ:145×240cm:キナリ:7,180円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・97×200cm・4.0kg:75,600円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/3,980円×1枚
Cアッサム綿敷布団/100×200p・6.5s:32,800円×1枚
Dアッサム綿敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/3,980円×1枚
@〜Dの合計金額=123,380円を

116,000 円【税込み】

快眠セット6P/セミダブルサイズ120×200p

@パシーマ:180×240cm:【只今、お色はピンクかブルーになります】:8,640円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・120×200cm・5.0kg:95,040円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,300円 ×1枚
Cアッサム綿敷布団/120×200p・7.8s:39,800円×1枚
Dアッサム綿敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,300円×1枚
@〜Dの合計金額=152,080円を

143,000 円【税込み】

快眠セット6P/ダブルサイズ140×200p

@パシーマ:190×260cm:キナリ:11,340円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・140×200cm・5.8kg:110,160円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,800円×1枚
Cアッサム綿敷布団/140×200p・9.2s:46,700円×1枚
Dアッサム綿敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,800円×1枚
@〜Dの合計金額=177,800円を

167,000 円【税込み】



快眠セット6S/キャメル敷・HB-3敷・パシーマの組み合わせ

ホコリに敏感な体質の方におすすめできるタイプです

最高の敷布団
快眠セット6S/シングルサイズ100×200p

@パシーマ:145×240cm/キナリ:7,180円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・97×200cm・4.0kg:75,600円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/3,980円 ×1枚
CHB-3敷布団/100×200p・5s:18,500円×1枚
DHB-3敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/3,980円×1枚
@〜Dの合計金額=109,080円

105,000 円【税込み】

快眠セット6S/セミダブルサイズ120×200p

@パシーマ:180×240cm:【只今、お色は、ピンクか、ブルーとなっております。】:8,640円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・120×200cm・5.0kg:95,040円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,300円×1枚
CHB-3敷布団/120×200p・6s:23,800円×1枚
DHB-3敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,300円×1枚
@〜Dの合計金額=136,080円を

133,000 円【税込み】

快眠セット6S/ダブルサイズ140×200p

@パシーマ:190×260cm:キナリ:11,340円×1枚
Aイワタキャメル敷ふとん/厚い目・140×200cm・5.8kg:110,160円×1枚
Bイワタキャメル敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,800円×1枚
CHB-3敷布団/140×200p・7s:25,800円×1枚
DHB-3敷布団用カバー/シンプルカラー・アイボリー色/4,800円×1枚
@〜Dの合計金額=156,900円を

149,000 円【税込み】

畳やフローリング床でお休みの方におすすめセットの敷布団

copyright(c) 2004-2020 e-nemunoki.com All Rights Reserved.

戻る