真綿布団(まわたふとん)という布団をご存知ですか?

真綿布団は肌沿いが良く、羽毛布団に比べて少し重量がありますが、体にしなやかにフィットして吸放質性も良いので蒸れが少ないです。

シングルサイズ以外の大きさ、わた量の変更も可能です。

真綿の量や、シングルサイズ以外のサイズもオーダー可能です。メールにてお問い合わせくださいませ。

スリープクリエート眠むの木さん(@kyotonemunoki)がシェアした投稿 -

真綿布団とはどんな布団なのかというと。

真綿(まわた)は「綿」と書くのでめん綿(木綿)と間違われる事もありますが、めん綿(木綿)ではありません。 真綿は木綿よりも歴史は古くて、木綿が栽培されるまでは、「綿(わた)」呼ばれておりましたが、木綿が栽培されると区別するために真綿と呼ばれるようになったという事です。 真綿布団は、繭をわた状に引き伸ばしたものを、中綿として使っている布団の事です。 細かくいえば絹とはちがいますが、絹と同じ繭から作られるため、よく同じ様に使われたりします。 細かな違いは下記の様になります。


真綿(絹)ふとんの種類

真綿は熱水などで処理した繭を手で引き伸ばし(手引きと言います)て、 平らにして積層させたものを「わた」と言います。 この「わた」で作ったものを真綿ふとんと言います。 この「まわた」以外の絹わたで作ったものが、絹ふとんと言うものになります。



真綿布団とは…

正繭や玉繭(蛹が2匹入っている)・変色繭・出殻繭(蚕が出た繭)などから取った、長繊維を手作業で「わた」にして、その「わた」を手引きして作った、まわたを詰めた絹100%の布団です。

絹ふとんとは…

緒糸(キビソ)・ビス糸(絹紡糸の原料)などの短繊維を使った、絹わたを使用したものです。


スリープクリエート眠むの木さん(@kyotonemunoki)がシェアした投稿 -

真綿の産地は国内では滋賀県・福島県・長野県などが多いですが、昨今では繭のの国内生産は非常に少なくなっており、国産繭は非常に高価になっております。 ですので、海外からの輸入の繭や海外にて角真綿などで輸入されていることが多くなっております。 また、角真綿を均等に引きのばすには技術が必要で、手引きのできる職人がおられる地域は限られてきております。 真綿は木綿布団に比べて軽く、保温性も高いため、高級布団に使われています。 価格が高くなるのは上記の事によってです。


国産シルクを使ったカバーも提案しております

国産シルク100%のカバーも提案しております。

シルク・最高級布団カバー | 京都の布団専門店 眠むの木


近江で手引きをした「まわた100%」を使い、 綿100%の生地で作らせていただきました。

真綿布団掛け布団のループ

8か所ループ付きでカバーがずれることはありません。

手引き真綿布団掛け布団

1枚1枚お客様のため、お作りいたします。

スリープクリエート眠むの木さん(@kyotonemunoki)がシェアした投稿 -

真綿の特長は?

人の体は睡眠時に約コップ1杯分の汗をかくと言われています、真綿の吸湿性は、綿の1.3倍から1.5倍あり、放出する水分も優れていると言われています。 ですから、真綿は皮膚から発散される汗や熱などをよく吸収して、外に湿気を逃がすので、肌はいつもさわやかで、ムレ感がありません。

見た目よりも暖かく、布団の中に入れる手引き真綿は、一枚の真綿(角真綿・袋真綿)を引き伸ばして積層させて作ってゆきます。
真綿を重ねることによって、空気層ができて行き、保温力が出てきます。
一つの繭から取れる糸は、長さが約1.2〜1.5キロメートル、とてつもなく長い長繊維です。 真綿は自身糸切れが起こりにくいので、わたボコリになりません。
ホコリが気になる方にもおすすめです。

真綿は手入れが難しくて洗えないのがデメリット

真綿は水洗いクリーニングはお避けください。 やむを得ない場合は、ドライクリーニングでお願いいたします。 普段お使いになるときには、適正なカバーを掛けていただき、カバーを洗濯してください。
干し方としては、風通しの良いところで陰干しでお願いいたします。 日干しをされる場合はカバーを掛けて短時間でお願いいたします。
長時間されますと、生地の焼け・黄変の原因となります。 布団を強くたたかないでください、生地をいためたり、わた切れの原因となります。
長期保管される場合は湿気を抜いてから、通気性の良い布などの布団袋へ入れ、防虫剤を入れて保管してください。
真綿の布団に関しましては、打ち直しやリフォームは出来ませんのでご了承のほどよろしくお願いします。


真綿布団冬用

冬用 真綿ふとん・国内手引き・3.0kg入り・キナリ中袋仕上げ/150×210cm

仕上がり:150×210cm
中綿:国内近江手引き真綿100%(中国産繭使用)
側生地:綿100%
充填量:3キロ入れ
その他のサイズはご相談ください。
※約2週間ほどいただきます。

135,000円(税込み)


購入枚数:

新疆綿60サテン生地

おすすめ側生地のアップグレードオプション。
綿100%キナリ生地から新疆綿60番手サテンへ+4,000円でアップグレードできます。
Cotton-base6アッサム綿の敷き布団で使用している生地となります。
詳しくはクリックしてください。

+4,000円(税込み)


購入枚数:

夏と冬の中間の合掛け真綿布団


仕上がり:150×210cm
中綿:国内近江手引き真綿100%(中国産繭使用)
側生地:綿100%
充填量:1.5キロ入れ
その他のサイズはご相談ください。
※約2週間ほどいただきます。

73,000円(税込み)


購入枚数:

新疆綿60サテン生地

おすすめ側生地のアップグレードオプション。
綿100%キナリ生地から新疆綿60番手サテンへ+4,000円でアップグレードできます。
Cotton-base6アッサム綿の敷き布団で使用している生地となります。
詳しくはクリックしてください。

+4,000円(税込み)


購入枚数:

肌掛け布団もお作りしております。


オールシーズンご使用いただける、薄めの掛け布団もご用意しております。

真綿肌掛け布団

初夏などに一枚で、冬場は毛布の代わりとしてお使いいただけます。


真綿肌掛け布団 
初夏などに 真綿肌ふとん・国内手引き・1.0kg入り・キナリ中袋仕上げ/150×210cm

仕上がり:150×210cm
中綿:国内近江手引き真綿100%(中国産繭使用)
側生地:綿100%
充填量:1キロ入れ
その他のサイズはご相談ください。
※約2週間ほどいただきます。

52,000円(税込み)


購入枚数:
新疆綿60サテン生地

おすすめ側生地のアップグレードオプション。
綿100%キナリ生地から新疆綿60番手サテンへ+4,000円でアップグレードできます。
Cotton-base6アッサム綿の敷き布団で使用している生地となります。
詳しくはクリックしてください。

+4,000円(税込み)


購入枚数: