フローリング床で 湿気対策 カビ対策 快適に眠れる敷布団のページ・もちろん畳のお部屋ならなお最高!




京都の布団専門店「眠むの木」




カート内の確認 眠むの木へのご来店方法

★実店舗にご来店の時はこちらをご参照下さい





フローリング床でも安心してご使用いただける寝心地の良い敷布団のご提案です

フローリングの床で生活するパターンが多くなってきました。実際にお洒落でカッコ良いお部屋になります。フローリングの床だからといって特別の寝具・布団(ふとん)が必要かというとそんな事ありません。畳のお部屋で使っていた寝具と全く同じ布団(ふとん)でもちろんOKです。

異なる点をあえて言うなら、やはりクッション性です。「畳」は敷布団のルーツと言えるものですから本来ある程度のクッション性を持っています。フローリングの場合は殆どのものが畳よりも固いものです。

ですので畳の部屋よりも基本的に少し厚さがあるモノがベターです。★特に薄くなった敷布団では、冬場に床から冷えが伝わり易くなる為、何らかの対応が必要となります。

ブライダル寝具・敷布団としても大好評ですが、ただしご注意いただいたいのは、「カビ対策」です…。絶対に注意をしていただかなければならない事は、敷き布団の床面、床と接する面に「寝汗」や季節によっておきる「結露」による湿気で、カビが発生しやすくなるという事です。絶対ご注意!湿気抜きをしなければ100%近く「カビの発生」がみられます。

床に面してる面

「カビない布団」あれば良いのですが…

残念ながら 「お手入れを全くしなくても『カビない布団』は、まず無い」とご認識下さい!!お布団の裏面のカビを防ぐ方法としては、除湿・乾燥という一言に尽きます。お布団を敷きっぱなしにしないで床面を空気に触れさす事です。

敷布団の裏面、床面との間に溜まる湿気を抜く事が必須事項です。残念ながら、今のところ、敷きっぱなしの状態では、必ずカビの発生と言う結果となります…。

敷布団の構造上、表面ではなくお布団の中心部に湿気が溜まりやすい製品も見受けられますのでご注意下さい。

寝具の「カビ対策」としては、日干しがベストですが、無理な事もあります。そんな時は「布団乾燥機」をご活用下さい。また、下段でご提案している「除湿シート」は、有効でお役に立ちますので、フローリング床でお休みの場合は、必須アイテムと言っても過言ではありません。推奨いたします。




フローリングや畳の寝室の敷布団1

4 先日、若い男性がご来店。話をお伺いすると、やはり「敷布団にカビ」が生えてしまったとの事。 こちらもいつものように原因は万年床?と早合点して敷きっ放しは良くない…云々。

お客様は大きな声で「毎日ちゃんとたたんで押入れに入れてます!」との事。 よくよく話をお聞きすると、その方は非常にマジメ?な方で、目覚めると直ぐお布団をたたんで押入れに入れる習慣だそうで…。

敷きっ放しにぜずにたたんでいるのにどうして?お話をお聞きしているうちに原因が判明しました。 朝一番にすぐたたんで押入れにいれ、帰宅して布団を敷き就寝…の繰り返しの忙しい生活が長く続き、殆ど干していない状態でした。


除湿シート4

と言うのは、朝起きたばっかりの敷ふとんには湿気が多く含まれています。その湿気を逃がすことなく、狭くて通気性に欠ける押入れに入れておくと、やはり「カビ」の発生する条件は整うわけです。

5 少し面倒ですが、起床後直ぐ押入れに入れず、敷ふとんの床面が空気に触れる状態でしばらくたたんでおき、出来るだけ遅い目に押入れに入れるのがお奨めパターンです。

もちろん理想的には週一回以上の日干しが出来れば最高です。そんな事判っているけど、なかなか出来ないのが私達一般人なのは充分承知はしておりますが…。

一応お金のかからないお手入れの方法として書いておいた次第です。 最近では敷布団の下に敷いて、寝汗や結露の湿気を吸収してくれる除湿シートと言うアイテムが力を発揮しています。 除湿シートの効果については、我が家でこんな実験をしました。時間があれば一度ご覧下さい。実験に使った物はトイレットペーパー


布団のカビの写真1

6 フローリング床でお休みの場合、湿気によるカビの問題が悩みのタネなのですが、ここに登場するのは、日本の国に昔からあった、スノコ。

床から空間を設け、面には隙間が開いている優れものです。これってなかなか説得力があります。実際に使用すると、その隙間から湿気を逃がし、ある程度の手入れの間隔は延ばせる事は事実です。

ただ、決して安心は禁物です。板の部分は床と同じですから、しっかりと湿気は溜まってしまいます。その結果としては、右の写真の状態に!きっちりスノコ状のカビが発生してしまいます。こんな状態になる前に、やっぱり日干しか除湿シート・除湿マットの併用です。



不幸にも「カビ」が発生した時の簡単な対処法…除湿シート・除湿マットにつきましてはこちらでご説明しております!









店長おすすめ

フローリング床で快眠できる敷布団



快眠セット1

快眠セット1

★まず「ムレ感」がありません★
純綿わたの敷布団・パシーマと ホロフィル敷布団ベースの組み合わせ

快眠セット2

快眠セット2

★まず「取り扱いが非常に楽」★
マニフレックスのメッシュウイングと パシーマ のコンビネーション

快眠セット3

快眠セット3

★まず「殆どホコリになりません」★
HB-3パワーロフト敷布団と サニセーフ、の組み合わせ

快眠セット1-B

綿わた二層セット/シングルサイズ

★こちらも「ムレ感」がありません★
純綿わた100%の敷布団の2枚敷き
もちろん・パシーマです

快眠セット@-C

ブレスエアー

★まず「適度な弾力が魅力★
ブレスエアーと木綿わたの組み合わせ。パシーマとの組み合わせは絶妙です

快眠セット@-C/プレミアム

快眠セット1−Cプレミアム

★耐久性と通気性に優れています★
エアーマットレスと木綿わたの組み合わせで日本の気候に適したセットです。


敷布団

敷寝具・敷布団の選び方をこちらにまとめましたのでご参照ください



良い布団寝具の選び方シリーズ(羽毛布団・敷布団・枕・アレルギー対策)

  
   

良い羽毛布団の選び方
ポーランドやハンガリーのグース農場から製造工程までの情報公開のページです

良い敷布団の選び方
男性・女性・子供・大人…体質や体形、寝室の環境に適正な敷布団の選び方です

良い枕の選び方
枕は質の良い睡眠にとって大変重要な寝装品です。高さや硬さは大切なポイント

アトピー対策寝具
アトピー・喘息。アレルギー体質の方に好評のおすすめできる寝装品のご紹介



羽毛布団のリフォームのバナー ★ 羽毛布団のリフォーム・羽毛布団の打ち直しへはこちら


綿わたの仕立て直し・一般寝具の打ち直しへはこちら





↓お奨めの除湿シート単品


マニシート

マニフレックス社 マニシート ネオ ※ 高性能でありながら ご家庭での水洗いOKです


ボタン これらの商品は快適な睡眠を得るために寝具・敷布団の機能を補うために作られた商品です。必ずお役に立つものです。ただ、湿気対策・カビ対策用と称して、敷布団の機能の一つ〔通気性〕を著しく損なった寝具が市販されていますのでご注意下さい。床面の「カビ」は生えなくなったけれど、お布団の内側の見えない部分に「カビ」がビッシリって事の可能性がありますから… 文責:「眠むの木」店長・矢持正三






57

春・夏・秋・冬/日本の気候は季節により気温や湿度が変化します。まずは一年を通して快適にお休みいただける組み合わせのご紹介です。綿わた敷布団がベースのタイプを2種類ご紹介いたします。



おすすめ敷布団セット


綿わたとダクロンの組み合わせ


おすすめ敷布団

上の画像又はこちらをクリックしてください


例えばシングルサイズの場合
・綿5H-4kg入り敷ふとん: 色:キナリ/ 100×210cm インドデシ綿・綿花100%*4.0kg入り¥11,800(税込み)
・ホロフィルU固綿敷ふとんベース:
色:キナリ/100×210p 圧縮綿をホロフィルUでサンドイッチ¥10,584(税込み)
・パシーマ:  色:キナリ/ 145×240pキナリ ¥7,020(税込み)
上記の品をこちらのページで組み合わせでご奉仕中!!



快眠セット1

綿わた100%敷布団がポイントです。詳細とお買い物カートは、こちらをクリック

52

74

●パシーマは1週間から10日に一度、ご家庭でお洗濯してください。綿わたの敷ふとんもほぼ同じ間隔で日干ししていただければ最高ですが…
無理な場合は窓際に置いておくだけでもOKです。


● 敷布団ベースは日干しもガンガンOKです!昔ながらの木綿わたの感覚を満喫していただける優れモノです。必ずご満足いただける組み合わせです。









綿わたセットb-1

最強/綿わた100%の2枚重ね



お奨め快眠セット1−b



夏場もムレ感がありません…かっちりした敷布団がお好みの方にお奨めします!!こちらでご奉仕!!

★除湿シートはセットには含まれておりません


【例えばシングルサイズの場合】

・綿5H-4kg入り敷ふとん: 色:キナリ/ 100×210cm インドデシ綿・綿花100%*4.0kg入り¥11,800(税込み)

・綿5H-4kg入り敷ふとん: 色:キナリ/ 100×210cm インドデシ綿・綿花100%*4.0kg入り¥11,800(税込み)

・パシーマ:  色:キナリ/ 145×240pキナリ ¥7,020税込み)  
    
上記の品を組み合わせて、こちらのページでご奉仕しています!!










61 

メッシュウイングがベース


とても便利なマニフレックス

フローリングや畳の寝室の敷布団5 マニフレックスメッシュウイング

ホコリにならず耐久性を重視の場合は、やはり10年間の品質保証付きのマニフレックスメッシュウイングです。その上にはやっぱりパシーマ。マニフレックスメッシュウイングの場合、オープンセル構造で、非常に通気性及び透湿性が優れている為、寝汗の湿気が床面に溜まりやすくなります。

■ 胸囲・バスト/ウエス/トヒップの差が大きな成人の方にお奨めできる敷布団です。

実際に使ってみて正直な感想は、出ているところは凹んで、くびれているところは支えるって感じです。感覚としては、「お尻がつぶれない…」分かります?実際に使っておられる方はご理解いただけると思いますが…。

テンピュ−ル等の低反発ウレタンフォームマットレスや敷布団とは全く異なる感覚です。ただどちらが優れていると言う判断は一概に言えません。体型や骨格、頚椎・背骨のカーブの深さや、年齢・筋肉の量等々によって適正かそうでないかがはっきり分かれるところです。

■ 体形的にお奨め出来ない場合もございます。

お年を召されて、背骨が若干曲がり気味の体型の方や腰椎・脊椎に特殊な湾曲のある方、には、このメッシュウイングは、お奨めいたしません。

その場合は前述の低反発ウレタンフォームマットレスとその下に身体を支えるベースになる適正な敷寝具寝具との組み合わせをお奨めいたします。組み合わせとする厚さや素材は、体型によって異なってきますので、信頼のおける専門店に一度ご相談ください。このマニフレックスメッシュウイングは、店長としてはこんな方にお奨めします。

実際に寝ていただくのがベストです。もし可能なら、是非ご来店ください※企画室でのお試し対応は、★完全なご予約制となっておりますのでご了承お願いいたします。ご予約に関しまして詳しくはこちら

■ 実際に使用している店長の感想と、パシーマやサニセーフをお奨めする理由

ウエストのくびれがある体型の方も、抵抗なく横向きの姿勢でお休みいただけます。ただし少し硬い目の感覚ですから、少し慣れるまで時間がかかるかも知れません。

僕も硬い目が好きなのですが慣れるまで一週間程かりました。※硬い目といっても綿わたや羊毛わたの繊維の敷布団の硬い目の感覚とは、微妙な表現ですが…少し違います。

結論から言えば、基本的な材料はエリオセルと呼ばれる「ウレタンフォーム」です。数字上のデータでは機能的な部分は満たされていますが、実際に使用すると、高温多湿の日本国内、特に「京都の夏」の湿度には、生産国であるイタリアの気候とは大きな差があり、「湿気」に対する対策が絶対必要と思いました。

● 販売店のお試しコーナーやホテル等、空調の効いたお部屋でのご使用の場合は、殆ど問題もございませんが、一般的な日本のお部屋の環境には、メーカー発表の使用感は、少し疑問を持った部分でもあります。

布団専門店の経営者としてマニフレックス・メッシュウイングを私が実際に使用した上で、日本国内で快適にご使用いただくための、補助的な寝装品として、脱脂綿を素材にしたパシーマを併用していただく事が、マニフレックスメッシュウイングをより快適にお使いいただける方法としてご提案をしている次第です。

本物のダウンを求めて…現場レポート

ポーランドグース農場

現在では掛布団の、中心的な素材となった「羽毛布団」に関しましましても同様に、品質はピンからキリまで…というのが実情です。

安心安全の羽毛布団の原料を求めての現地レポートです。羽毛布団をお買い求めの場合は、是非こちらの「羽毛/ダウンの農場の現場から製造工程までのレポートのページ」をご参照いただければ、必ずずお役に立つモノと存じます。


ダウンのチェック


56

フローリングや畳の寝室の敷布団4

↑上の映像はイメージですm(_ _)m 

実際はこんな感じです
51

78 79
◆通常は敷ふとん専用のサニセーフですがメッシュウイングの 特性を生かすため パシーマルーズにセットしてご使用下さい 73

パシーマ又はサニセーフは一週間から10日に一度、ご家庭でお洗濯してください。
●マニフレックスメッシュウイングは一週間に一度は必ず屏風のように風通しの良い場所に立てかけて湿気を逃がしてください。こちらも直射日光は厳禁!NG!です。

除湿シートのマニシートはセンサーの色に関係なく、2〜3日に一度日干しして頂ければ最高です。その他◆マニフレックスメッシュウイングに関しての補足のお知らせです ご注文の前に一度お読み下さいこちら
睡眠環境

寝具に深くかかわる睡眠中の生理現象には、 @ 謝量の低下 A発汗 B寝返り という三つの特徴があります。これらは快適な睡眠を得るための重要な要因で、人体と寝具との間の環境によって決められます。A発汗とは、体温調節の一つの機能である温熱性発汗(周囲の環境温度が29℃以上になると自然に起こる発汗)が起こり、一晩で約コップ一杯もの汗をかくという現象です。 常に寝床内の湿度が高湿度にならないように、人体の汗を吸収し外へ放出する機能、すなわち、吸湿・透湿・放湿性能が必要です。 これまで多くの研究から、寝床内気候は、温度32〜34℃、湿度45〜55%が最適条件であるといわれています。

パシーマやサニセーフをお奨めする理由は、そのお布団の中の理想とされている温度や湿度が、一年を通して気持ちの良い数値、すなわち温度32〜34℃、湿度45〜55%を保とうとする機能があるからです。パシーマやサニセーフをご使用になられたお客様の感想はこちらのページにアップしています


10年保証

伝言板 (メールアドレス等の問題でご連絡が出来ないお客様へのコメント)




カート内の確認


★送料その他、法律に基づく表記は、

こちらをご確認下さい★



マニフレックス認定ショップマニフレックス正規店

ペールホワイト


★上記画像のペールホワイトは2016年廃番となりました

フローリングや畳の寝室の敷布団5

梱包のテープを切ってから、数分で敷ふとんの形状になります。ただ、適正な本来の、 支持性が戻るまでには、約10時間ほどかかります。

(★気温・湿度が低い冬場は、適正な状態になるまで、1〜2日かかる場合もございますのでご了承下さい。)メッシュウイングのもう少し詳しい説明はこちらのページ

快適寝具の組み合わせ

マニフレックスメッシュウイングの詳細はこちら
幅97cm×長さ198cm×厚さ11cm/定価¥33,858(税込み)
パシーマの詳細はこちら
145×240cmキナリ ¥7,020(税込み)

2点合計40,878

セット価格  37800

# 
★ミッドブルーのみのご提案!

メッシュウイングの色:



下のカートで四隅ゴム付きパシーマに+1,900円でアップグレードします    
セット

※ゴム付きパシーマはエコテックスラベルが付きません。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。


除湿シートは別売りです

洗える除湿シートマニシート ネオ 除湿シートの詳細はこちら



★2Aのロングサイズ/巾97p×長さ210cmもこちらにご用意出来ました!!



区切り線


▼ セミダブルサイズ ▼

マニフレックスメッシュウイング
幅117×長さ198×厚さ11cm 定価¥46,332
パシーマ:180×240cmキナリ ¥7,668

除湿シートは別売りです
洗える除湿シートマニシートネオ 除湿シートの詳細はこちら

上記2点で ¥54,000を      49800
★ミッドブルーのみご提案です

メッシュウイングの色:


下のカートで四隅ゴム付きパシーマに+2,300円でアップグレードできます。    
セット
※ゴム付きパシーマはエコテックスラベルが付きません。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。



区切り線


▼ ダブルサイズ ▼


マニフレックスメッシュウイング
幅137cm×長さ198cm×厚さ11cm 定価¥58,806
パシーマ:180×240cmキナリ ¥7,668

除湿シートは別売りです。 
洗える除湿シートマニシートプラス ネオ 除湿シートの詳細はこちら

上記2点で¥66,474を     59900
★ミッドブルーのみご提案です

メッシュウイングの色:


下のカートで四隅ゴム付きパシーマに+3,700円でアップグレードできます。    
セット
※ゴム付きパシーマはエコテックスラベルが付きません。
ご了承のほど、よろしくお願いいたします。



区切り線


▼ クィーンサイズ ▼

マニフレックスメッシュウイング:幅157cm×長さ198cm×厚さ11cm/
定価¥71,280
パシーマ:180×240cmキナリ ¥7,668
※パシーマは折り返しは出来ません。

洗える除湿シートマニシートネオ 除湿シートの詳細はこちら

上記2点で¥78,948を      72800
★ミッドブルーのみご提案です
メッシュウイングの色:



区切り線


セミダブル〜クィーンサイズは、
除湿シートをセットしておりませんのでご了承下さい。
ご入用の場合は

洗える除湿シートマニシートネオ 除湿シートの詳細はこちら





高性能でご家庭で洗える除湿シートが大好評・お奨めマニシート ネオ は下のリンクにて



マニシートプラス2


洗える高性能除湿シートのご紹介 マニシート ネオ マニフレックス社の製品です










おすすめ出来るベッドマット『マニフレックス・フラッグFX』


マニフレックス・フラッグFXマットレス

イタリア・ミラノサローネにマニフレックス社のマットレスが一堂に出品されました。品質/商品管理の確認と工場の現場の状況確認を見学してきました!

今回ご紹介の「マニフレックス・フラッグFX」は「眠むの木」がお奨め出来るベッドマットのトップモデルです。




突然ですが…m(_ _)m   全国からのお問い合わせ件数が多いのが「羽毛布団」についてのご質問です。  

 

羽毛布団の選び方

羽毛布団の正しい選び方についてご紹介。 眠りのプロショップ「眠むの木」が解説します。 羽毛布団とは・・・?たくさんあるけど、一体、どれを選んだらいいの・・・?という多くのお客様の疑問に眠むの木がお応えします。

豆知識などを織り交ぜながら、少し文章が多いですが、詳しく解説しております。時間にゆとりがある方 (笑) 是非、ご参照下さいませ!





おすすめ敷布団


59  パワーロフトベース敷布団セット  


セット

72

パシーマ又はサニセーフは一週間から10日に一度、ご家庭でお洗濯してください。 HB-3は敷ふとんの床面を日干し、もちろん回数は多いに越した事はございません。 一週間前後に一度は必ず干して湿気を抜くようにしてください。床面の湿気にご注意を!!

眠むの木イチオシ敷布団

問題点を解消

従来の心材入り敷布団は、板状の心材を使用していましたのでピンと張ってしまって持ち運びがとても大変でした。パワーロフトは、自由自在に曲がります。

しっかり目の寝心地
自由に曲がるって「柔らかいイメージ」がありますが、いえいえ、結構しっかりした寝心地です。昔ながらの綿100%の敷布団の感覚です。


高性能ポリエステルわた入り敷布団のメリットとデメリット…お取り扱い上のご注意点!

カビてしまってからでは遅い!

カビる・その前の布団のカビ対策の方法…

布団の知識の画像    


綿わたの湿気対策の画像

従来の綿わたの敷ふとんは 全体に湿気がこもります。ですから梅雨時や、冬場でお天気の悪い日が続いた時等、湿気抜きが出来ない時は「ジトっ」とした湿り気を感じます。 天日干しがベストですが、気持ち良くお休みいただく為に、「布団乾燥器」も大変有効です。
敷ふとんのカビ対策の画像

★最近の多層式の敷ふとんアレルギー対策の高性能ポリエステルは、 湿気をどんどん透すため、湿気床近くにほとんどの湿気がたまってしまいます。眠っている上部は、あまり湿っぽく感じないため、油断をする場合が多いです。高性能除湿シートの併用をおすすめいたします。

実際には床面に湿気が溜まり、そのままにしておくと「カビ」が生える事が良くあります。



快眠セット3



アトピーや喘息・ハウスダスト要注意の体質でお困りの方。眠むの木のオリジナル敷ふとんHB-3マニシート+2/除湿シートの組合せも人気の一つです。 もちろんHB-3の上にはパシーマ(掛敷兼用) 又は サニセーフ(パシーマパットシーツ)がお奨め!!特に少し厚手のサニセーフがお奨めです。

自由に曲がるHB−3は全くホコリになりませんし、サニセーフ(パシーマパットシーツ)はお洗濯も簡単!マニシート+2はご家庭での丸洗いにも対応しています。

寝心地は昔ながらの「綿わた敷布団」の感覚です。そんなにかさ高ではありませんが、キッチリ身体をさせてくれます。不快になる、寝床内の湿気も吸湿性にとんだサニセーフが 、吸ってくれますし、敷布団を通ってきた湿気は吸湿性の優れたマニシート+2が受け止めます。

日頃のお手入れとしては、理想的には、サニセーフを10日前後でお洗濯をし、マニシート+2は3〜4日に一回風通しの良いところで、吸収した湿気を逃がすという事です。

HB-3敷布団は時々、床面の湿気を抜くようにしていただければ良い状態です。もちろん天日干しがご存知のように最高ですが…。 81 正直な話ですが、敷布団は必ず「ヘタって来る」モノです

ただこのHB-3敷布団は、今市販されている敷布団の中でも、平均にヘタッてきます。もちろんヘタッても寝心地に問題が無ければ、そのままご使用いただくのが一番です。

例えば冬場の寒い時期に、床からの冷えを感じられたり、硬くなりすぎて「背中や腰骨」が部分的に痛くなったりした時は、マットレスまたはパッドを併用していただくと、寝心地が良くなります。そんな訳で、「眠むの木」ではHB-3をおすすめしております。



セミダブルとダブルを追加


カート内の確認


区切り線

シングルロングサイズ

快眠できる敷布団

HB-3敷布団・サニセーフ/パシーマパットシーツの2点セット★除湿シートはセットには含まれておりません

●実寸が210cmございます。身長が180cm前後までの方ならゆったりお休みいただけます。一般的なシングルロングサイズです。

・HB-3敷ふとん
100×210cm パワーロフト芯・ダクロン・ホロフィルU巻き計5kg入り¥18,500(税込み)

・サニセーフ(パシーマパッドシーツ):110×210cmキナリ ¥8,640(税込み)
(サニセーフはお洗濯後、縮みがありますのでゆったり目をセットいたしました)

送料その他のご説明

★HB-3のサイズオーダーの場合は単品扱いとなります

27,140円
を   25400





・マニシート ネオ 除湿シートの詳細はこちら:

幅95cm×長さ190cm×/定価¥8,023(税込み)


区切り線

セミダブルロングサイズ

フローリングでも安心

HB-3敷布団・サニセーフ/パシーマパットシーツの2点セット★除湿シートはセットには含まれておりません

●お1人でゆったりお休みになりたい方に好評です。寝相が悪い方には必需品?

・HB-3敷ふとん
120×210cm パワーロフト芯・ダクロン・ホロフィルU巻き計5kg入り¥23,800(税込み)

・サニセーフ(パシーマパットシーツ):133×210cmキナリ ¥9,720(税込み)
(サニセーフはお洗濯後、縮みがありますのでゆったり目をセットいたしました)

送料その他のご説明

★HB-3のサイズオーダーの場合は単品扱いとなります

  33,520円を    31300




・マニシート ネオ 除湿シートの詳細はこちら:

幅115cm×長さ190cm×/定価¥9,668(税込み)


区切り線
ダブルロングサイズ

自由に曲がる敷布団
HB-3敷布団・サニセーフ/パシーマパットシーツの2点セット★除湿シートはセットには含まれておりません

●本ダブルサイズです。お二人でも充分ゆっくりお休みが可能です。フロアーですからベッドのように、落ちる?事も心配要りません。

・HB-3敷ふとん
140×210cm パワーロフト芯・ダクロン・ホロフィルU巻き計5kg入り¥25,800(税込み)

・サニセーフ(パシーマパットシーツ):155×210cmキナリ ¥10,800(税込み)
(サニセーフはお洗濯後、縮みがありますのでゆったり目をセットいたしました)

送料その他のご説明

★HB-3のサイズオーダーの場合は単品扱いとなります

36,600円
を    33800



・マニシート ネオ 除湿シートの詳細はこちら:

幅135cm×長さ190cm×/定価¥11,314(税込み)






仕切り


このページでご紹介させていただいた敷布団の組み合わせは、「眠むの木」のスタッフがそれぞれ実際に使用し、お奨め出来る商品をご紹介いたしました。

また今回の提案は敷ふとんのセットがおおよそ25,000円〜40,000円前後のご提案です。もちろんもっとお安い布団やず〜っと高額のセットもありますが、実際に使用していただいた時に、ご満足していただける商品をご紹介いたしました。ごご検討下さいませ。  / 布団のメンテナンス 羽毛布団打ち直しのご紹介はこちら




●いろんなお布団のお手入れ方法はこちら


●羽毛布団の選び方はこちら

●寝具の選び方のページ「布団屋.jp」

★羽毛布団をサイズで選ぶ

★羽毛布団を産地で選ぶ

眠むの木のメイントップへ

迷った時はサイトマップ

法律に基づく表示

お支払い方法について

送料について

個人情報に関して


お問い合わせご質問は、お気軽にこちらから

copyright(c) 2004-2017 e-nemunoki.com All Rights Reserved.