■布団サイズの目次■

(1) お布団の大きさ

(2) 布団サイスの表示

(3) 羽毛布団のサイス表示

(4) キルティング仕上げの敷布団のサイス表示

(5) 使用前と使用後のサイズ変化

(6) 敷布団をサイズオーダーする場合の注意点

(7) 敷布団カバーのサイズオーダー

(8)各種布団の標準サイズ

布団のプロショップ/眠むの木の情報サイト・インデックスへ


お布団サイズの表示について

(1)お布団のサイズ・大きさ…

布団のサイズ ふとんの寸法に関しまして、1980年前後までは同じ日本国内でも、西日本と東日本、細かくは関西と関東など地方地域によってお布団の巾や長さのサイズが異なっていました。特に従来からの綿わた入りの和風寝具では、大きな差がありました。

お布団の巾のサイズに関しましては、側生地に使用されている布の巾が基本になっていたようです。「着物の生地」の巾が、基本になっていました。着物の生地は、ひと巾36〜38センチが基本でそれを3枚継ぎ合わせた大きさが三巾(縫いしろ分を差し引いて105cm前後)…1人用・シングルサイズ。3枚と半分で、三巾半・4枚で4巾…と言う風に。

戦後生地を織る織機の対応も進み、一枚の巾が着物生地の3枚分の巾がある三巾生地、綿ブロードや綿サテンがお布団のサイズの基本に移り変わってきたようです。

布団の巾サイズに関しては、現在でも昔と大きく変わっていませんが、人々の体格も良くなり、長さに関しては、昔と比較して長くなってきました。

190pが200cmになり、現在では、210pと言う様に徐々に長くなってきました。また現在では、消費者の皆様の利便性も考え、日本国内では、業界全体で統一したサイズになっております。

目次に戻る

(2)お布団のサイズの表示について

消費者の皆様方が困惑されるのが、商品のラベルの表示サイズに対しての、適正カバーサイズの件です。下の画像のブルーの線がお布団自体のぬい側サイズ、赤い線が仕上がりサイズ(実寸・製品サイズ)になります。


布団のサイズについて

目次に戻る

(3)羽毛布団や羊毛掛布団の場合

羽毛掛布団、羊毛掛布団、ポリエステル等々、キルティング(ミシンで縫い加工)の仕上げがされているものはほとんどの場合が、B:赤い線の寸法の表示です。その場合の※掛布団カバーのサイズは、表示サイズと同サイズ(赤線のサイズ)をお求め下さい。

目次に戻る

(4)キルティング加工の敷布団の場合

最近の既製品の敷布団で、表面がミシン加工されている場合も商品の表示サイズは、B:赤い線の寸法の表示の場合がほとんどです。このようにミシン加工された(中心に固綿の芯が入っている)敷布団のカバーは、敷布団本体に縫い付けられている品質表示票の表示サイズより、5cm〜7cmプラスした大きさのカバーをお求め下さい(敷布団の厚さによって異なりますので注意が必要です)。

例えば、布団の表示サイズが、100×210cmの場合は、105×215cmのカバーが適正サイズになります。 また、敷布団の形状で、厚さが荷重後10cm以上ある様な特殊な形の場合は、お求めになられた業者に「適正な対応カバーサイズ」のご確認をされる事をお奨めいたします。

目次に戻る

(5)仕上がったばかりの敷布団と半年後の敷布団では大きさが変わります

★できる限り正確にお作りしますが、綿を重ねて仕上げていくため、実際の仕上がりサイズに関しましては、若干の誤差が生じます。その点は、ご了承のほどお願いいたします。

通常仕上ったばかりの敷布団は、「厚さ」がありますので端から端までの長さは少し短くなります。 ご使用されるうちに少しずつヘタって来て[厚さが薄くなってくる]今後は寸法・巾長さとも少し大きくなってきます。ただし、お布団カバーのサイズは、おなじでOKです。

お布団本体の機能を活かすためには、適正なサイズのカバーがベストですが、小さなキツイ目のカバーよりも、比較的大きめのゆとりのあるカバーの方がおすすめ出来ます。


綿わた入りの敷布団は、地域やお店によって表示方法が異なる場合もございます。


布団サイズの知識

ベッドやお布団のサイズ

目次に戻る

(6)サイズオーダーの敷布団

上記の様に、綿わたや、ポリエステル綿の敷布団の場合、同じ縫い側サイズの生地で仕立て上がっても、わた量によって仕上がりサイズ上図/赤いラインの数値は異なってきます。厚くなればサイズは短くなり、徐々にヘタレば、少し伸びて長くなることになります。

ウレタンフォーム系の敷布団やマットレスと異なり「わたの入った敷布団」は、正確な厚さの表示が出来ないという事になります。 仕上がり表示には若干の誤差が生じる事は事前にご了解をいただく必要があります。

※同じ布団でも仕上がった時点のサイズと、しばらくご使用後のサイズでは必ず「差」が生じます。その様な寸法の「差」も考慮され実際の、表示サイズは、お店によってAの場合とBの場合が見られるようです。

「眠むの木」では、基本的に和布団もBの仕上がりサイズを主に表示しています。

【例:ベビー敷布団】

綿わた入りの和布団の場合、 仕上がりサイズ:70×120cm(縫い側サイズ75×128cm)と言う表示になります。

これは、75×128cmに縫い上がった生地に、わたを入れ、和とじ(糸でわたを固定していく)をした状態でB:赤い線のサイズが70×120cmになった商品の表示内容です。

※この商品も約ひと月前後ご使用になられた場合、少し薄く締まって来ますので実際のB:赤い線のサイズは若干伸びて来ますます。また日干し等によって、厚さが回復した場合は、Bの数値も小さくなってきます。

目次に戻る

(7)敷布団カバーをオーダーされる時のサイズの指定の方法

敷布団を畳ベッドに合わせたり、お好みのサイズで作られた場合、初めはお布団屋さんに作ってもらった敷布団カバーも、時間がたつと、サイズが判らなくなります。

他のお店で作ってもらうときには、下記の方法で注文されるのが一番良い方法です。少し面倒かも知れませんが、サイズが合わないカバーを使うより、絶対良いですから。

布団カバーの正確なサイズ

(1)まず、巾ですが、巾方向の、一周のサイズをを測ります。 「A」です。それを半分に割ります。2分のAです。

(2)長さは、同様に長さ方向の一周のサイズを測ります。 「B」これも半分にします。2分のBです単純には、巾は2分のAcm×長さ2分のBcmとなりますが、ここで、カバーの収縮率をプラスする必要があります。

綿100%の生地を使用したお布団カバーの場合、お洗濯の後、1〜3%ぐらい縮んでしまうからです。通常の場合は、長さ方向に縮む割合が多いですから、長さに、5cm巾に3〜5cmプラスした数値が、カバーの仕上げサイズになります。

★アルファインお布団カバー等、ポリエステル混紡の場合は、縮みは、あまり見られませんので、ゆとりは若干少なめでOKです。

繰り返しますが、「敷布団」の場合、商品に添付されているお布団本体の仕上がりサイズと、その敷布団に使用する、適正なお布団カバーの仕上がりサイズとは、「数値の差」がある事を、ご記憶ください。

お布団って判りづらい点が多々ございます。京都の布団専門店「眠むの木」にお気軽にお問い合わせいただければ幸いに存じます。

目次に戻る

(8)布団サイズの表記方法

業界ではカバーやお布団の寸法・お布団のサイズの表示は、巾×長さになります。例えばシングルサイズの掛布団の場合、正しくは、巾150p×長さ210pの順です。210p×150pの順ではございませんのでご注意ください。

代表的なお布団の仕上がりサイズをお書きいたします。


掛布団サイズ

サイズ/巾×長さ*単位cm

備考

ベビー掛布団

約95×120〜100×130

セットになっている品に多いサイズです。大きさ的には1歳半までくらいが限界かも

105×130

布団専門店の手作りの品に多い

夏掛布団

115×155〜120×160 (昔…のサイズ)

昔は、麻の生地で作っていました。

肌掛布団

140×190

最近の既製品に多いサイズです。各メーカーによって差があります

ダウンケット

150×210

大手メーカーのダウンケットはこのサイズが多い。一般的なお1人用

一般冬用ジュニア

135×185

3歳〜 身長150pぐらいの方。通常は小学校の高学年…もちろん個人差がありますが

一般冬用シングル

150×210

一番多いサイズ 身長175p前後までの方に。身長が180p前後以上の場合は、スーパーロング230pがお奨め

一般冬用セミダブル

170〜175×210

昔は167×200  一人でゆったりお休みになられる時にお奨め。お二人用としては狭いのでチョッとつらい…

一般冬用ダブル

190×210

昔は180×200、

一般冬用クィーン

210×210 (メーカーにより220×210)

関東と関西で若干差がある、お二人でゆったり

一般冬用キング

230×210

お二人でゆったり保証


敷布団サイズ

ベビー

70×120〜75×130

敷布団に付いている、品質表示に書かれている「サイズ」と、適正布団カバーの表示サイズとは、若干異なる数字になる場合が多いです。

適正カバーサイズは、敷布団をお買い上げになられたお店に確認される事をお奨めいたします。

ジュニア

90×185

シングル

100×210

セミダブル

120×210

ダブル

140×210

クィーン

160×210

キング

180×210


ベッドサイズ

セミシングル

巾90×長さ195〜200×厚さ20

厚さは20cm前後が一般的ですが輸入品の一部に30cm前後の商品もございます。

また長さも、通常は195〜200cmですが、ロングサイズもございますのでご確認下さい

シングル

100×195〜200×20

セミダブル

120×195〜200×20

ダブル

140×195〜200×20

クィーン

160×195〜200×20

キング

180×195〜200×20

※上記のサイズは、全国的にきっちり統一されているものではございません。各メーカーにより、若干の差がございます。日本国内の大手の寝具メーカーが、ユーザーの便宜を図るため、話し合いの結果、近年上記のサイズに統一するようになって来ました。


目次に戻る


全国からのお問い合わせ件数が多いのが「羽毛布団」についてのご質問です。   

羽毛布団の選び方

羽毛布団の正しい選び方についてご紹介。
眠りのプロショップ「眠むの木」が解説します。 羽毛布団とは・・・?たくさんあるけど、一体、どれを選んだらいいの・・・?という多くのお客様の疑問に眠むの木がお応えします。豆知識などを織り交ぜながら、少し文章が多いですが、詳しく解説しております。


お布団の選び方シリーズ

布団の選び方


正しい羽毛布団の 選び方

お奨め掛布団

適正なお掛布団カバーの選び方

根強い人気の綿わた敷布団

基本的な敷布団の 選び方

ダクロン・クォロフィル掛布団

アレルギー対策寝具の選び方

ダクロン・コンフォレル枕

まくらについて

羽毛布団リフォーム


羽毛布団のリフォーム

打ち直し

打ち直し・リフォームの説明


丸洗い

布団の丸洗いお洗濯について
お手入れ

各種寝具・布団のお手入れの方法

パジャマ


パジャマ・小物

羽毛布団の豆知識
一般的な最高品質のマザーグースとは… 

究極の羽毛布団アイダーダウンとは… 

アイダーダウンの羽毛布団のご紹介